2011年12月14日

不可思議な行動

昨日の、お向かいさんへの侵入者。物盗りというより、まさに「侵入」が目的だったとしか思えないような話です。

まず、110番したのはお隣だそうですが、ワイヤー入りガラスの窓を打ち破る、大きな物音がしたためとか。

さらにそこから入る際、割れたガラスでどこかを切ったらしく、そこここに血が付いていたといいます。

一番大変だったのは、駆けつけた警察官から身を隠そうと、配電室に潜り込んだため、取り押さえる際の揉み合いで、多くの電気配線が切断されてしまったこと。

「大人しく何かを盗んで逃げてくれていたほうが、被害が少なかったかもしれない」と笑えない冗談にして、顔見知りの社員さんが話してくれました。

さて今日は、雨こそ朝のうちに上がったものの、一日中いつ降りだしてもおかしくないような暗い空。昨日は最近としては、まずますの売り上げでしたが、これでまた帳消し。

一喜一憂などは過去の話で、いまや一喜六憂じゃなかろうかと、一人溜息をついております。

お昼、昨日洋書会で落札した『プレイヤード叢書』50冊ほどがルート便で届き、改めて点検。

天地に研究費購入の印が押されたものが3割ほど。もちろんこれは承知の上。外は割合きれいな本が多く、早RIMG0684速棚に入れたいところですが、そのためには何かを棚から外さねばなりません。

今日一日では片付かず、明日の仕事となりました。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives