2011年12月22日

来年のこと

明日から三連休。それを過ぎるともう残り僅か。まだ片付けておくべきことが沢山あったようで、毎年今頃になると気が急きます。

市場の方は、明日が祝日開催の明古クリスマス特選市。今日は午後から、その準備に出かけました。

来週火曜日の洋書会が、本年最後の市。来年は6日の金曜日、つまり明治古典会が口開けとなります。曜日のめぐり合わせとはいえ、図らずも年納めと、初市とに関わるわけです。

店主自身の年末年始は、一向に変わり映えがしません。大晦日に名古屋へ帰り、元旦に墓参り。古い友人と新年会をやって、三が日過ぎたら戻るつもり。

しかし、一寸先は闇。それをしたたかに思い知らされたこの一年でした。無事に年が越せるかどうかは、神のみぞ知ることです。

ところで、目下真剣に悩んでいるのは、来年から定休日を設けるかどうかということ。あれこれ検討した結果、現在の時点では7割方、日曜日を定休とする方向に傾いています。

7割というのがミソ。かなりその気なのですが、まだ覆る可能性も少なくない。

なにより、余裕が出来たから休日を設けるわけではありません。休日のないことが余裕を奪っているのではないかと、疑い始めたのがきっかけです。

休まないことのメリットとデメリットを、もう一度秤にかけて、今年中に腹を決めたいと思います。

写真は「いるさ」〆のお蕎麦。七味が好評でした。
IMG_0447



konoinfo at 19:44│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives