2011年12月30日

年賀状書き

RIMG0857朝まず店を開け、郵便局へ行ったり、銀行のATMへ走ったりして月末の支払い関係を済ませたあと、店に戻ってからは、ひたすら年賀状書き。

はかどりました。何しろお客様が殆どお出でにならない。その上、一昨日あたりから『日本の古本屋』の注文も、パッタリ途絶えています。

山とある片付け仕事に目をつぶれば、あとは帳場に腰をすえて、一枚、また一枚と宛名を書いていくばかりです。

大した枚数ではありません。殆どが同業者宛て。それに個人的な知人友人が加わり、ほんの僅かにお客様宛てが。合わせて、せいぜい200枚程度。

商売のやり方を根本的に間違ってきたのではないかと思うのは、こんな時です。同業からいただく年賀状の多くは、明らかにお客様宛てのもの。

特に大店ほどそうで、一種のDMとして、相当な枚数を送っているようです。

その序でに送られたような印刷だけの賀状に義理立てして、律儀に毎年返すこともないような気もしますが、いざとなるとなかなか区分も難しい。

もっと妙なのは、付き合いが比較的深く、いつも顔を合わせるような同業ほど欠かしにくいということ。

今頃から書いて出せば、着くのは何日かしてから。正月の6日からは、もう市場が始まります。下手をすると、挨拶を交わした後で賀状を見るようなことにもなりかねません。

まあそれでも、年に一度のこと。日頃のあれこれを振り返りながら、何かしらコメントを添えるように頭をひねって見るのです。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives