2011年12月31日

年末所感

RIMG0865うたかたのごとく一年が過ぎようとしています。

ただ今年は、年の初めと今とでは明らかに大きな異なりがあり、あの日以前のことは、遥か昔の出来事のようにさえ思えます。

小店にとっても、それまでは存在した天井までの棚が一つ消え、丈の低い棚に入れ替わりましたし、お子さんが真っ先に目を留めた、あの地球儀もどきも姿を消しました。

見えていたものが見えなくなり、見えなかったものが見えてくる。まるで何かの比喩のようです。

見えてきたものは、政治の世界に於いては行政の無策であり、経済の世界では金(カネ)本位制のあからさまな露呈であり、学問、科学の世界においてはその無力さでした。

一方で見えなくなったのは、それまで続いてきた営業の下降が、辛うじて下げ止まったかに見えていた、景気の「底」です。

この春以降、底割れしたような営業の落ち込みは、ひとり小店のみのことではありません。神戸の目抜き商店街の古書店店主から、「この夏、真剣に閉店を考えた」と打ち明けられた時には、強い衝撃をうけました。

小店も、移転以来8年を経て、当初考えていた一区切りの時期が近づいてきました。この先を、どういう形で続けていくか。正月の三日間、ゆっくり考える機会としたいと思います。

なお店にこだわりたい気持ちはありますが、はたして必要とされているのか。そうだとして、その必要に応じ続けられるのか。

重苦しい話題になりましたが、この一年も、多くの方々に支えていただいたことに変りはありません。改めて感謝申し上げ、来る年のご多幸を、心よりお祈り申し上げます。

どうぞ皆様、良いお年を


konoinfo at 18:30│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by シロ   2011年12月31日 18:46
1年間、毎日、楽しみに拝読させていただきました。ありがとうございました。月並みですが、来年もどうかがんばってください。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives