2012年03月30日

月末金曜日

CA3K0125今日中に信用金庫に寄って、済ませなければならない手続きがあったので、朝、明治古典会に行く前に、歩いて池尻大橋の店舗へ行きました。

着いて窓口で担当者と向かい合い、いざ手続きをと、バッグから書類を取り出すと、必要な通帳がありません。出掛けに二通まとまっていたうちの、古い方を持ってきてしまったようです。

何とかそれ無しで済ませられないかと訊いても、やはり無理。仕方なく店までまた歩いて戻り、すぐ取って返しました。片道15分弱。このために45分を費やした勘定になります。

月末の、何だかだと忙しい、こんな時に限ってこんなポカをやらかしてしまうもの。この上焦って、さらにミスを増やさないようにと自分に言い聞かせながら、コートを抱え、少し汗ばみながら歩きました。

市場に着いたのは12時半頃。すでに幹事仲間の昼食は終わり、経営員たちに交替したところ。若い彼らに混じって、「じんぼう」の特製弁当をいただきました。特選市とあって、ちょっと奮発したものと思われます。

経営員たちは20代後半から30代半ばに掛けての男女。その会話を聞いていて、まるで違う言語を話しているのではないかと感じる瞬間がありました。

もちろん、言葉の意味が分からないというわけではありません。しかし彼らにとっては、話の意味内容よりも、ノリとかテンポとかのほうが、重要なコミュニケーション要素となっているように思えます。

食事時の軽い会話だからということもあるのでしょう。会話をセッションのように楽しむというのは、昔からあったことも確か。要するにそのノリやテンポが、昔とは随分違ってきたため、店主などは入り込めない雰囲気を感じたということでしょうか。

午後から、新規加入者面接、デジタル市準備で夜まで追われ、入札しようと思っていた一点、入れ忘れていたことを今になって気づきました。

konoinfo at 22:33│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile