2012年03月31日

ピーターラビット

1374463542ある日、一本の電話が入りました。

「ピーターラビットの初版があるのですけど」

思わず絶句したのですが、先を伺うと、形見として譲り受けたもので、元の持ち主は、他の何にもまして、これが貴重なものだと仰っていたとか。

それで気になって調べているうちに、初版であれば大層高価なものだという情報を得られたらしく、たまたま小店が、以前ブログで触れたことがお眼にとまり、ご相談いただいたというわけです。

確かに、その私家版は、児童書の中でも飛び抜けて高額で取引されています。もとより、それであるとは思いませんでしたが、市販本でも初版であれば、充分に高価です。

ふと耳をそばだてたのは、お話の中で「扉に○○という印があるのですが、それでも値打ちが有るでしょうか」というくだり。有名な蔵書家のお名前でした。

一見の価値はあると思い、拝見したいと申し出ますと、その日のうちに宅配便でお送りくださいました。

翌日届いた包みを開けて、まず私家版でないことが分かり(当たり前ですが)、表紙を開けて市販本の初版から三刷以内でないことも分かりました。

見返しには確かに著名蔵書家の印。しかし総ページ数から、1904年以降の版と確かめられました。1910年頃までに求められただろうとは推測されますが、古書としては、むしろその印の方に価値がありそう。

CA3K0124すぐさま詳しい説明文を添えて、ご返送いたしましたところ、後日、なにやら安心されたようなお返事が、メールで届きました。

それで店主も、本と一緒にお送りいただいた焼き菓子を、心置きなくいただいたという次第です。

konoinfo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile