2012年05月21日

やっぱり大洪水

朝から古書会館へ。明古七夕大入札会の目録編集日です。

集まった原稿約2000点は、土曜日、担当の人たちの手でジャンル別に分けられていました。その原稿を、文字遣いや表記などを統一して、ある程度決められた形に手直しします。

そうしながら、七夕に余り相応しくないものが混じっていないかもチェック。それが済んだら、割付けをして作業は完了。

大方のジャンルは、今日は割付け以前の段階で時間切れとなったようです。しかし店主の担当する「地図」部門だけは、すべて終えることが出来ました。

点数が少ないことに加え、土曜日に、同じ分野を担当する先輩会員が、校正まで殆ど済ませてくださっていたからです。

午後5時過ぎ、他分野の羨望の眼差しを尻目に、お先に失礼。これで、水曜日にまた出かける必要もなくなりました。

帰りがけ、作業をした7階の会議室から1階まで、ゆっくり階段を降りたのですが、中央市会はいつもの3階、4階だけでは置ききれず、2階にまで出品がぎっしり。大変なことになっていました。

普段から多い出品量の上に、カーゴ13台、カーゴ8台という大量の一口物が入ったことが原因です。

CA3K0222それにしても、大口の出品が増えています。しかしその内容を見ると、一般書の占める割合が多い。かつてのように収集家、大蔵書家という趣きではありません。

要するに出版洪水が、堰を切るように古書業界へ押し寄せて来つつあるのだという、以前からの思いがますます強くなりました。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives