2012年06月01日

食べはぐれる

CA3K0255店を開けて、明治古典会へ。

会の仕事は午前中だけ。お昼をいただいてから入札。今は整理モードなので、もうひとつ買い気が出ない。珍しいことではありませんが。

午後2時から、組合新規加入希望者の面接二件。一件目は、店主の洋書会の同僚、T書店に勤めていて、今度独立しようという青年。話の中で「奥さんが赤ちゃんを産みまして」と言い出して、一瞬戸惑いましたが、ご本人の奥さんのことでした。

二件目はご夫婦でお出でになりました。50代男性は良くお見かけする顔。神田の即売展などにも、頻繁に足を運んでおられた方。女性は、神保町の古本屋で、現在アルバイト店員をされている方。そのアルバイト先に近い場所に事務所を構え、ネット販売中心で営業を始めたいとか。

午後4時から、組合職員のボーナス、給与査定。現今の厳しい社会情勢に沿う形で、6月の賞与を決め、定期昇給について検討いたしました。

それが終わると定例の総務部ミーティング。全古書連が発行する、最後の「紙の名簿」となるはずの、会員名簿作成についてなどを打ち合わせました。

午後7時前、明古に新しく入った二人の経営員を歓迎する飲み会に、遅れて参加。三崎町の刀削麺の店で、午後6時過ぎから始めていた筈で、既にかなり盛り上がっておりました。

随分前に一度来たことがある店で、その時の印象は決して悪くなかったのですが、今回は飲み放題コースであったせいもあってか、今ひとつ。押し込められた小部屋が狭苦しいこと、音が反射してうるさいこと。何より料理を出すのに時間がかかり、午後9時までに店に戻らなければならない店主は、肝心の刀削麺にありつけなかったことが、評価を下げました。

konoinfo at 23:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives