2012年07月31日

火曜のうなぎ

昨日のブログに早速コメントをお寄せいただきました。大変ありがたいことです。と同時に、どんな方が見ておられるか分からない怖さを、改めて感じました。

あわせて申すなら、店のほうにだって、どんな方がおいでになっているか分からない。そちらの怖さは十分に承知しているつもりですが、つい棚作りに手入れの足りないまま、日々を過ごしてしまいます。

さて今日は洋書会7月当番の最終日。というわけで頑なに、うなぎです。

このまま高騰が続くと、月に一度の楽しみも、考え直さなくてはならない――お昼前、真剣にそんな会話を当番内で交わしましたが、まあ今回のところは現状確認の意味でも、という理屈をつけて出前を頼みました。

CA3K0342「一番安いやつ」といって頼んだのがこの画像。お代は2600円。覚悟して蓋をあけると、案外まともな大きさの蒲焼が乗っておりました。

当番ではない、すなわちこのうな重にありつけない会員も、わざわざ寄ってきて中身を確認し、「これならまあ合格」などと感想を残していきました。

ところで今日の出品状況は、先週とは打って変わって少なめ。午前10時の時点では、作業しようにも殆ど本がなく、どうなることかと案じられましたが、やがてカーゴ2台半のお持込みなどがあり、少ないながら、どうにか形だけは付けられました。

しかもその口の中に、一冊、珍しい写真集が混じっていましたので、荷主さんの許可を得て、ご自身で仕分けてこられた束からその本を抜き出し、単独で出品させていただくことに。

結果は、10万円を超える落札価格。6人分の、肝吸い代くらいは稼ぐことが出来たようです。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile