2013年03月25日

電話応対

RIMG0114曇って寒くて時々雨も降る今日のようなお天気を、「花曇り」とか「花冷え」とかのように、うまく言い表す言葉はあるのでしょうか。花が早すぎて、季節が追いついていないのかもしれません。

いずれにせよ朝からどんより暗くて、そのうえ人気がまったくなくて、この三月は、いよいよ月間売上記録を更新(もちろん低いほうへ)しそうな気配です。

こうしてみると昨日は、まだ多少は人出がありました。駒場キャンパスの中は「公園並み」の賑わいであったらしいのですが、そこからの流れはほとんどなかったにせよ。

お母さんと小学校低学年の男児という二人連れが、しばらく店の前で本をご覧になっていました。そのうち店内に入ってこられ、見て回るうちに、お子さんがぐずり始めました。

「もう帰ろうよ」というあれです。父子ではありがちなパターンですが、母子は珍しい。しばらく訴えていましたが、やがて諦めて一人で絵本の棚に行き、今度は一冊手にしてお母さんのところへ戻ってきました。

「ねえこれ買ってよー」新たな訴えに対し、お母さんの答えは明快でした。「お財布持って来てないから、欲しいなら自分で取りに行ってきなさい」。

そんな散歩ついでのお客様も、今日はまったく目に付きません。平日の上、このお天気では。

代わりに営業電話が、暇な店主の相手をしてやろうというように、「お忙しいところ」とかかってきます。「またにしてください」と答えたら、数時間置いて「また」かかってきました。

「店先で、お客様もおいでですから」と切ったところ、夕方頃、「たびたび申しわけありませんが」と三度かかってきました。年輩の女性の声、おそらくアルバイトでしょう。

今度ははっきりと興味がないことを伝えました。あるいはこれが、今日一番の仕事だったかもしれません。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile