2013年06月21日

振り市、一長一短

今日も明治古典会は、入札市終了後の振り市が盛り上がりました。点数にすれば全体の5%ほどに過ぎないはずですが、出来高でみると全体の1/3に上ったようです。

比較的高額で落札されるものを選んでいるからではありますが、入札だけというよりは良い値になる場合が多く、売り手にとってはもちろん、運営者である会に取っても有り難いことです。

では買い手にとってはどうでしょう。安く買えない、という点では不利益になるように思えますが、より重要なことは、買おうと思えば買えるということです。資金さえあれば、ですが。

つまり誰にとっても良いことばかり。それならなぜ、振り市は行われなくなったのでしょうか。

第一には、もちろん時間がかかるということ。欲しい本があれば、振りに掛けられるその時、その場にいなければなりません。出品が多いときなど、長い時間待つことにもなりかねません。入札なら、自分の都合に合わせることができます。

しかしより重要な問題は、振りの方が「買占め」が容易であるという点です。お金さえあれば買える、力勝負になるからです。競争が悪いわけではありませんが、その勝敗が資金力だけで付くとなれば、競争に参加する人間は減っていくでしょう。

もっとも、そうした弊害を防ぐために、振りには通常、様々なルールや暗黙の了解がありました。振り手の裁量が、かなり大きく認められていたこともそのひとつ。相場を無視して加熱することを避けるため、適当な頃合で落RIMG0320札させたりします。

ともあれ現在は、入札市が全盛。ここへきて、今また振りが見直されているのは、景気低迷の影響も大きいようです。しかしこの辺りを説明するには、今夜はもう遅い。ご興味があればまた改めて。

夜になって強い雨。梅雨も本番です。

konoinfo at 23:07│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
Archives