2013年11月20日

最年少記録

毎朝というわけではなく、しかしいつも同じような時刻に、近くの保育所の幼児たちが散歩して通ります。

その際、時折、小店に立ち寄っては、付添いの保育士さんが絵本を買ってくださったりしておりました。

RIMG0604つい数日前にその保育士さん、思いついたように、一人の子に一冊の絵本と硬貨を握らせて、「お買いもの」をさせてみたのです。

3〜4人のなかでは一番しっかりした(と言ってもみな一、二歳児ですが)女児が、店主を見据えるようにして店の中に入ってきました。

帳場まで来ると本を差し上げ、硬貨を持ったほうの手も出して「ください」と言います。

いそいでまず本を受け取り、ゆっくりトレイを差し出すと、硬貨を握りしめた手をその上で広げ、コロンと落としました。

絵本を袋に入れて手渡すと、しっかり持って表に出て行きます。表では保育士さんが待ち構え、思いっきり褒めたたえる声が聞こえてきました。

次に今度はもっと幼い、まだ歩くのも覚束ないような子が、同じようにやってきて、こちらは黙って本を持ったまま、立ち尽くしています。

店主が手を伸ばして本とお金を受け取り、本を袋に入れて持たせると、くるりと戻っていきました。表では、やはり盛大な褒め声。

幾日か置いた今朝、再びそのご一行が「お買いもの」をしてくださいました。

一人目はこの前と同じ、一番のお姉さん。すっかり慣れた様子で店主を見つめる目にも、前回ほどの緊張はありません。続いてもう一人、これはまた新手の、よちよち歩き。

ずいぶん若い常連さんができました。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives