2013年11月30日

試みの終わりと始まり

RIMG0703さて今日で11月が終わり、もうひとつ、小さな試みが終わりました。

今年の1月から、小店の一画をショウルームとして、ユニークな文具雑貨を展示販売してこられた、
Quaint DesignさんのBrick Parlorが、本日をもって撤収となったのです。

初めから実験的な試みであることは、双方了解しておりましたので、いつまで、という点だけが未知数でしたが、QDさんに、新しい事業展開の芽が生まれたのを機に、ここらで一旦、畳もうと決められたようです。

小店の集客力の低さは、初めから繰り返し申し上げておりましたし、その点に過度の期待はかけておられなかったはずです。ですから見込み外れということではなく、あくまで戦略的な転換、と申し上げて間違いではないでしょう。

一年に満たない期間ではありましたが、小店にとっては、本以外のものを売るという新しい経験を得ることができましたし、その商売の方法などについても、古本を売っているだけでは知ることのできない、様々なヒントをいただくことができました。

決して多いとは言えませんが、新たなファンを獲得できたことは、ささやかながら小店が、QDさんに貢献できたことでしょうか。

このショウルームを畳まれた後は、これまでのようにアトリエと、展示会を中心に営業活動を続けられますし、その商品は大型書店、百貨店などに販路を広げつつありますので、手に入れることは難しくないでしょう。

ところでこの試み、お客さま方の目には、どのように映っておられたでしょう。機会があればうかがってみたいものです。同時にこのあと、空いたスペースをどのように使っていくかについても、ご意見をいただいてみましょうか。

もちろん、すぐにでも棚は本で埋まってしまいますが、埋まったらそれっきりというのではなく、もう少し動きのあるものにできないだろうか、というのが、今回の経験を踏まえ、現在考えているこれからの展望です。

12月からの新たな試みにも、ご期待ください。

konoinfo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives