2013年12月31日

年の終わりに

今年も一喜一憂(一苦一憂かも)しながら、日々を過ごしてまいりました。いつ店を畳んでもおかしくない状況で、何とかまた一年、食いつないできたというところでしょうか。

自分の話でお恥ずかしいのですが、2001年に『古本屋サバイバル』(編書房)という鼎談本に参加させていただきました。

いまとなって振り返ると、まだ本当の危機が見えていなかったような気がします。

当時はインターネットで本が売れるようになり始めた時代で、やがてそのインターネットが本をデジタル情報としてそのまま届けるようになることについて、それほどはっきりした危機意識は、少なくとも店主にはありませんでした。

知識としてなかったわけではありません。インターネット自身が本にとって代わりうるという、その構造変化のスピード予測がつかなかったということです。

なんにせよ、サバイバルはさらに過酷な状況となって今日に至っています。

それでも、鼎談のもう一人の参加者、浜松の時代舎さんも、小店も、どうにかこうにか13年を生き延びてこられました。もっとも時代舎さんは、小店あたりと比べては申し訳ないほど、しっかり地元に根付いておられますが。

一方で、この本を出していただいた編書房さんは、数年前に引退されました。わが身とて明日をも知れぬ、という現状に変わりはありません。

しかしながら13年といわず、開業以来の30年、商いを続けてこられたのは、申すまでもなく多くのお客様の支えによるものです。改めて心より感謝申し上げます。

来年以降も、店舗営業の可能性を探る日々が続くことになりそうです。どのような方向に進むか予測は付きませRIMG0773んが、まだしばらくは苦闘ぶりを、ここで書き綴ることにもなろうかと存じます。

どうぞ今後とも変わらぬご支援をお願い申し上げますとともに、皆様にとって、2014年が良い年でありますよう、お祈り申し上げます。

konoinfo at 17:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile