2014年01月31日

日常へ

RIMG0870ご心配をおかけしてしまったようで申し訳なく思います。昨日は、人様にお聞かせするような話では、ありませんでした。まさに、お見苦しいところをお見せしたと反省しております。

今後このような時は、潔く「本日休載」とでもさせていただきます。

それにしてもよくも眠れたものだと、感心しております。一昨日の夜から今朝まで、起きていた時間は全部足しても6時間ほど。おかげさまで、ずいぶん楽になり、今朝はいつもより少しゆっくりながら、明古に出かけました。

ただ食欲はまだ戻りません。そこで朝はトースト半切れ。昼はスコーン1個半。夜になっていつもの仲間から「うどんくらいなら」と誘われて、会館近くの蕎麦屋さんで、暖かいうどん一杯。

これで明日からは、何とか日常のペースを取り戻せそうです。などと言っているうちに、1月も終わってしまいましたが。

明治古典会は、月の最終週で特選フリ市。思えば今年初めてのフリです。心配された荷の集まりも、思いのほかヴァラエティーに富んだものとなり、点数、出来高とも、まずまずのところでした。

目を惹いたのは、手塚治虫の原画やら付録まんがやら、「新宝島」やらといった、一口物らしい出品。

一方で、ケルムスコット版でも比較的入手が難しいとされる「俗世厭離の書簡」やら、コナン・ドイルのジョン・マレー版全集(第一巻署名入)、「バスカヴィル家の犬」初版、といった洋書。

もちろん版画錦絵もあれば和本、写本類もあるという、まさに明古らしいハイブリッドな市でした。原点である文学書の影が、若干薄かった感は否めませんが。

店主はと言えば、眠りすぎてまだぼんやりした頭で、それでも入札した何点かのうち、ナボコフ関係一括約150冊を落札することが出来ました。

手元でゆっくり見られるのは水曜日以降。楽しみではあります。

konoinfo at 22:05│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by シアトル   2014年02月01日 08:00
もう2,3日は休養が必要だと思われます。ゆっくりスーパーボウルの観戦でもなさってください。
2. Posted by 店主   2014年02月02日 17:01
ありがとうございます。ご心配をおかけいたしましたが、どうやら回復してまいりました。
ご主人と同じ時間を共有すると思うと、とても楽しい気分です。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile