2014年02月28日

お礼の食事会

RIMG0881朝、池尻大橋のバス停から駒場の店まで約10分あまり歩くと、コートは脱いで手に持ったままにもかかわらず、少し汗ばむほどの暖かさでした。

店に着いて、月末の雑用をいくつか済ませてから、古書会館へ。明治古典会は2月最後の市で、恒例となったフリ市の併催。一点ずつ、フリ手の声に応じて競り上げていく形式です。

昔ながらのセリ市と、オークション方式とをミックスした、新たなフリの形を模索しつつ、何度か続けてきましたが、まだまだ発展途上。毎回、終了後に反省点を話し合っているような状態です。それでも着実に、認知されてきたという気はしております。

全体の出品量が少なめだったこともあって、市場が終わったのはいつもより早めの午後4時半頃。後片付けや事務的な仕事を済ませると午後5時半。

今夜は、今期初めての幹事食事会が予定されておりました。総勢9人、美土代町に移転中の「七條」で、難しい話は抜きにして、ゆっくり食事を楽しんだのです。

店主も心置きなくワインを飲み(これがバス出勤の理由)、フレンチながら三種類のコースを皆でシェアし合って、おかげで分量も加減でき、各自が過不足なく堪能することができました。

終わって勘定書きを見てびっくり。予定していたより、かなり格安の料金です。

今日の勘定はロートル3人の割り勘。というのには訳がありました。明古では、些少ながら幹事手当てというものがいただけるのですが、それが9人一律。しかし、普段の仕事振りは、3人と6人で明らかな格差があります。

そのことに対する、お詫びと調整の意味を込めての一席でもあったわけでした。

意外な安さに、もう一回くらいは、こんな機会を設けるべきかと、年嵩の3人、話し合った次第です。

konoinfo at 23:05│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile