2014年04月20日

No Piece

Good Housekeeping 誌(UK版)を30冊以上、目立つ形で約3週間店頭に並べ、たったの一冊しか売れなかった、というお話はすでに申し上げました。

実はそのあと、さらに1冊売れまして、これで計2冊。しかし1冊が100円ですから、毎朝並べ、毎夕しまいこむ手間を考えると、いかに回転率無視の古本屋といえども、そろそろ見切り時であるかと思わざるをえません。

ところが、上には上があるもので、もっと上手がおりました。

今日まで、さすがに気恥ずかしくて、取り上げずに参りましたが、数週間前のある日、店に帰ると帳場の横の、目に着くテーブルが模様替えされ、なにやら怪体(けったい)なフィギュアで埋め尽くされているのです。

聞くところによれば『ワン・ピース』という、モンスター的にブレイクしている(らしい)コミックのフィギュアなのでした。

時代に取り残されている店主としては、その名くらいは聞いたことがあるものの、それがどのような層に、どの程度広まっているものか、全く知識がありません。

「ものすごく売れているコミック」のフィギュアであれば、「多少は売れる」かも知れないというくらいの甘い考えで、その場を占拠することを受け入れたわけです。

以来、一月近く経ちます。「わっ」と言って近づいてくるお子さん達や、「おっ」と言って近寄ってくるお父さんたちは確かに数多いのですが、ただの一体もお買い上げいただいたことはありません。

すでに在庫僅少となったNゲージは、いまだにその少ない残りを漁るように、ポツリポツリとお買い上げいただきます。怪獣のフィギュアも然り。

つまるところNゲージのコレクション性も、怪獣の造形的ファンキーさも、この人気コミックフィギュアには欠けているのかもしれません。RIMG1184

そろそろ退場願おうかと思っておりますので、その前に一度だけ、その雄姿を皆様にご覧いただくことにいたします。

konoinfo at 20:12│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives