2014年04月27日

青年の日の面影

RIMG1167しばらく前から、中年の外国人男性がゆっくり棚をご覧になっているのには、気がついておりました。

ちょっと裏に本を取りに席を外し、戻ってくると、待ち受けるように帳場の前に立っておられて「河野さん、でいらっしゃいますね」と日本語で、確かめるように声を掛けられました。

驚いて見つめ返して、しかしすぐ、先方が名乗ろうとする前に、思い出しました。

「シカゴの…」そう口にしただけで、大きくうなずき、「お久しぶりです。その節は随分とお世話になりました」。

前の店の頃ですから、もう20年くらいにはなるでしょうか、当時は髪を長くのばして(とご自分でも説明されていましたが)まだ学生の雰囲気が残る青年でした。

60年代のアングラ演劇について、調べているということで、何冊かの本を買っていただいた記憶があります。とりわけConcerned theatre Japanの不揃い数冊を、とても喜んでいただきました。

お名前も、そう思い出しましたWilliam Marottiさん。やがて、母校のシカゴ大に帰ることになり、その折にも挨拶によってくださいました。

最近、単著をだされたとかで「あれが大変役に立ちました」と改めて礼を述べられます。

今回は、いくつかの大学へ特任講師として一ヶ月ほどの来日で、その合間を縫って顔を見せてくださったわけです。

「昨日は美学校で講演をしました。明日は一ツ橋です」

ちなみに近刊の書名は、Money, Trains, and Guillotines: Art
and Revolution in 1960s Japan
。Duke大学の出版。60年代日本の芸術と政治、そこに焦点を当てた内容のようです。

「翻訳は出ないのですか」と尋ねると、まんざらない話でもなさそうですので、楽しみに待ちたいと思います。英語で読むのはいささか辛いですから。

konoinfo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives