2014年04月30日

人の好き嫌い

RIMG1207「しかしこれだけ永くつきあってきながら、私はいまだにこの哲学者に対してアンビヴァレントな気持ちをもちつづけている。この人の著書や講義録は、読めば読むほどすごいと思い、嘆賞を禁じえないのだが、この人の人柄はどうしても好きになれないのだ。(中略)その人柄を知れば知るほど、私はこの人が嫌いになる」

これは木田元『ハイデガー拾い読み』(新潮文庫、平成24年)、読み始めるとすぐの、いわゆるツカミの部分。見事につかまれてしまいました。

まさにこの人間のアンビヴァレントな感情こそ、店主には常日頃関心のあるところです。

おりしも先日仕入れた本を整理していると、中に『わが久保田万太郎』(後藤杜三、青蛙房、昭和49年)がありました。

最近『引っ越し魔の調書』(青江舜二郎、私家版、昭60)という遺稿集が売れたのですが、そのなかの、久保田万太郎について書かれた文章を思い出したのです。

簡単に言えば、著者が長く恩義を受けた久保田に自作を盗用され、それに対して告訴に踏み切り、一応の勝訴と引き換えに、その後、業界から締め出しを食うことになった顛末と、しかしながら憎み嫌う気持ちにはなれないという心情を綴ったものでした。

ちなみに『わが久保田…』の方では、この一件を「ある年、新派が青江舜二郎原作の戯曲「一葉伝」を、久保田万太郎原作演出として上演したことがあった。万太郎の故意のしわざではなく、興行主たる松竹側の手落ちであったのだろうが、原作者との間に話し合いがつかず告訴沙汰にまで発展してしまった」(224頁)と触れています。

当然のことながら、青江自身の語るところとは、ずいぶん情況が違います。この文は、おそらく当人の眼にも触れているはずですから、複雑な思いがあったことでしょう。あるいは彼もまた久保田の「とりまき」の一人、と見なしたかもしれません。

それぞれに付きあいにくいところのありそうな久保田さんと青江さん。たとえば店主なら、どちらとウマがあったでしょうか。

それにしても、雨で上がったりの月末でした。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives