2014年06月17日

見逃してばかり

RIMG1340ぼんやりしていた店主が悪いのですが、良い本を買い逃したような気がいたします。

前回の洋書会に出ていた口の中に、前田愛さんの旧蔵書があったのです。市の翌日でしたか、たまたま会う用のあった同業がその荷主で、彼から聞いて分かりました。

それも、「昨日、洋書会に出品して、半分以上ボー(札が入らず引き荷となること)になってしまったんですが、何ともならないものですか」という嘆きのあと、「実は旧蔵者は…」とお話しいただいたのです。

そう聞けば、やはり興味があります。「じゃあ、今度の明治古典会に、もう一度出品してみてください」と、お願いしました。

金曜日、その本を見て、なるほどボーになるはずだ、と思いました。全冊ソフトカバーの、ヤケか、クスミか、イタミか、あるいはそのすべてが備わった洋書で、付箋もあり、線引きもあります。およそ1000冊。

結局他に入札者は現れず、店主が落札いたしました。

そのまますべてを持ち帰るのは、さすがに量が多すぎます。今日の洋書会に、もう一度仕分けなおして、出品いたしました。

前田さんといえば、ご専門は国文学。その方が良くもこれだけ、と思われるほど大量の英文学術書です。それも状態からわかるように、かなり読まれたご様子の。

敬服しつつも、ジレンマに捉われました。名著、必読書の類は、ほぼ線引き、ツカレ。逆に、手つかずで比較的きれいな本は、読む必要を感じられなかった本ということになります。どれを、どう活かすか。

苦心の仕分けも、結局すべて自分で買い戻す形になり、最終的に約8割ほどは、市場で廃棄処分にいたしました。

ここから『前田愛著作集』全6巻が生み出されたのだと、しかしこれはその一部に過ぎないのだと思いつつ。

ところで、先週ボーにならず、つまり売れたのは、どんな本だったのか。買い逃したのではないか、というのはそのことでした。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives