2014年12月31日

10年日記

名刺が底をつきました。10年以上前、Y先生に封筒、レターヘッド、名刺を統一デザインで作っていただいたものです。

その後、レターヘッドは切れたまま刷り増ししていませんが、封筒と名刺は何度か刷り増してきました。

何度か、と申しましたが、多分、二度か三度。つまり、一度作れば3年か4年は、なくならない計算です。

一度に作る数は、どちらも一千枚。それでこの数か月、さらに千枚の名刺を頼んだものかどうか、迷い続けているのです。

店頭に、ショップカードとして置いておきますと、同じ方が何度もお持ちになります。栞の代わりにされるようです。それも最初から狙いとしてあって、用紙も薄手のものを使っていますから、文句を言う筋合いはありません。

けれども製作費を考えると、栞としては結構高価です。その費用も、発注を躊躇わせる一因ではありました。それならいっそ、初めから栞を作製した方が、合理的かもしれないと。

しかしなにより、注文に踏み切れなかった原因は、これから3年、4年、この店で頑張れるだろうかという、その不安でした。使えなくなった名刺が、何百枚と残る様子を想像すると、なかなか決心がつかないのです。

先日、新聞で、80歳を超えた方が10年日記を買おうかどうか迷っておられる、という話を読みました。「迷わず買う」という短歌があると、紹介していました。

RIMG1819それに促されたわけではありませんが、年が明けたら発注しようと、今は思っています。

男性がお一人、プリントアウトした紙を手に、飛び込んでこられました。お目当てはSufism and Taoism。至急必要になって、ネットで探し、今日五時まで営業というのを見て、急いで駆けつけてこられたとのことです。

本を手にして「いやあ助かった、本当に良かった」とお喜びいただきました。良い締めくくりになりました。

皆様どうぞよいお年をお迎えください。

konoinfo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile