2015年04月21日

3年もたない

プリンターがダウンしました。

朝、まず注文品の納品書類などを作り、さて郵送用のラベルを印刷しようとすると、突然電源が切れてしまったのです。コンセントを抜いて、しばらく待ってまた差し込んでと、マニュアルにあるようなことは一通りやってみました。しかしそれっきり、どうやっても電源が入りません。

調べてみると、現機種の購入は2012年9月のことでした。マニュアルによれば「故障の可能性が高い」ことになりますが、過去の経験からすると、それは「もう買い換えなさい」と言うことと同義です。毎日よく働いてくれてはいたのですが、それにしても少し短すぎるのではないでしょうか。

一応、念のために「お客様センター」に電話してみました。もしや万一、簡単な解決方法があるかもしれないと、一縷の望みを抱いたからです。

すぐにつながったのですが、それから「担当者」が電話口に出るまで、延々待たされました。何度か自動音声で「おかけなおし」を勧められましたが、同じことの繰返しになるのは目に見えていますから、ひたすら待ちました。

待望の担当者さんは、自動音声以上に機械的な話ぶりで、マニュアルを読めばわかるような話しかしてくれません。こちらの話すことが、頭の中で分類されて、対応する回答文例を探し出し、口から出力しているかのようです。

結局、予想した通り、単なる時間の無駄に終わりましたが、とはいえ、電話口に出られた担当者さんには何の恨みもありません。むしろ大変な仕事だと、同情するばかりです。

せっかく電話したのですから、こちらも調べれば分かることながら、同型同機能の後継機を教えてもらいました。次いで、今のインクが使えるかどうかも尋ねると、あっさり「申し訳ありません」と否定されました。

RIMG0119それにしても、今回も、先日入れ替えたばかりのインクが、すべて無駄になってしまうことが何より口惜しい。どなたかcannon のインク BCI-325PGBK をお使いの方がいらしたら、未使用1本、お譲りいたしますのでお知らせください。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives