2015年04月23日

転ばぬ先の

前兆のようなものでも有ればともかく、今度のプリンター故障は、まったく突然なことでした。

確かに買った当初から、なんとなく外れかなと思う部分はありました。数ヶ月に一度くらいの頻度で、パソコンとの通信が切れて、フリーズしてしまうのです。どのボタンを押しても、何の反応もなく、電源を切ることもできません。

初めての時は、お客様センターに電話をして、対策を聞きました。返ってきた答えは、コンセントを抜いて、数分待って差し込んで見てくれというものでした。

そのとおりすると、電源が入ってエラーメッセージも出て、それに従って操作をするとエラーレポートを吐き出した後、再び動き始めました。一度そんなことがあると、二度目からは慣れたもので、フリーズするたびにコンセントを抜き、また差してを繰り返して、一昨日まで来たのです。

一昨日も、最初はそれかと思いました。しかし今度は今までと違い、電源が切れています。いつもの作業を繰り返しても、電源が入る気配はなく、お伝えした通り、ついに新しい機種に買い替えざるを得なくなったという次第です。

RIMG0134それで気が付いたのは、複合機というのは、一旦壊れると非常に割高なものになるという、当たり前の事実です。プリンター、コピー、スキャナーそれにファックス。それが全部、一時に壊れたと同じことになるわけですから。

同タイプの機種を尋ねた時、ファックス付きは一種だけだと教えられました。この際、ファックス無しを買おうと、注文までしたのですが、新たにファックスを置く場所がないことに思い至り、すぐにキャンセルして、結局同じ機能のものを頼みなおしました。

届いた新型機は、確かに多くの点でほぼ似通っていて、そのまま使い続けるのに楽ではありましたが、幾つか便利な機能が無くなっていて、改良機ではなく、改悪機ではないかと思ったほどです。それもこれも、故障して慌てて買いかえるという泥縄式がもたらした結果ですから、甘んじて対処するしかありません。予測のしようもないことではありましたが。

一方、ほぼ予測のできる事態も控えています。メインに使っているデスクトップが、最近とみに寝起きが悪いのです。実際そのせいで、今回のプリンターのインストールにも、さんざん手間取ってしまいました。いざ壊れてからでは、面倒も大きい。早めの手当てが必要だと、重々承知はしておりますが。

konoinfo at 19:54│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives