2015年04月30日

20年前の体力

週の半ばにポツンと祝日があるというのは、年に何度もなくなってしまいましたので、たまにそんな休日があると、今日が何曜日だか分からなくなるような、妙な感覚です。

昨日店を閉めている時も「あ、そうか。もう閉店ですね」と、残念そうにお帰りになったお客様がおられました。土曜、日曜だけでなく、祝日も午後6時閉店であることはご存じのはずなのに、つい平日のよう気になって、足が向いてしまわれたのでしょう。

小店も、別に律儀に早じまいする必要もないのですが、閉店時間くらい決めた通りにしておかないと、いよいよ際限なく店を開けているようになってしまいます。朝も、もう少しゆっくり開けようと、一度は思い定めた筈ですが、何となくなし崩しで、依然として午前9時ころには開けておりますから。

そんなわけで、今日も木曜日だというのに、月曜日のような気分がしたり、店を開けても人の少なさに、今度は日曜日のような感じがしてきたりと、まるで頭が誤作動を起こしているようです。店のコンピュータ以上に、店主の頭脳は末期的かもしれません。

RIMG0147昨日ご紹介した『東大駒場学派物語』は、いろいろなことを思い出させてくれる本でもありました。たとえば森安達也先生のこと。今でも何かの拍子に、見返しの隅に鉛筆で「森安」と書かれた本が、店の片づけをしていて見つかることがあります。

エレベーターのない古い研究棟の4階から、せっせと縛って運び降ろした記憶がありますが、それは先生が亡くなられた後、研究室に残された蔵書でした。この本に記述されているところによると、94年の8月に52歳で亡くなられたということですから、その年の内のことだったのでしょうか。

そんなに若くして亡くなられたのだということは、本書を読むまで知りませんでした。すでにスラヴ学の泰斗であったような印象がありましたから。

一方で、20年前の店主には、50本ほども縛った本を、一人で4階から降ろして車に積み、店まで運ぶ体力が確かにあったのだということも、今や懐かしい思い出です。流石に草臥れたという覚えはありますが。

今なら、どうするでしょうか。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives