2015年05月31日

体力づくり

RIMG0229今日も紙袋二つを両手に提げて、Kさん(83歳)が、耳折のある本をお持ちくださいました。このところ頻度が増して、二日に一度位のペースになってきましたが、今日は昨日に続いて二日連続です。

刊行されて一年も経っていないような本もあって、総じて新しい本ですから、耳折があってもその分だけ安くすれば、割合すぐに売れていきます。

ですから毎回有り難く買わせていただくのですが、何しろこの暑さです。あまり無理をされないようにと申し上げても、「散歩代わりですよ」とおっしゃって、飄々と去って行かれました。

例えば今日お持ちいただいたのは、『朝鮮戦争論』(明石書店、2014年)、朝長振一郎『プロメテウスの火』(みすず書房、2012年)、『戦後責任 アジアのまなざしに応えて』(岩波書店、2014年)、『定本想像の共同体』(書籍工房早山、2012年初版第9刷)などなど。

先日は『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史1-3』(早川書房、2013年)をお持ちくださったのですが、見たところ新本同然。しかしよく見ると第3巻にだけ、何ヶ所か大きな耳折が残されていました。

気さくに大きな声で話されるKさんですが、読書の傾向からすると、現代史にご関心が強く、現政権に対しても批判的な立場のように思われます。しかし、そのような会話になったことは、これまでのところ一度もありません。

話せば長くなると自重されておられるのか、政治向きの話は古本屋の店先でかわす話題として相応しくないと考えておられるのか。あるいはご自身の大声を憚って、話題を選んでおられるのでしょうか。

「これから大学の同級会に行くんだが、今年は参加者がついに5人になって、『何人になるまでやるんだ』という話になってね。まあ1人になれば出来ないので、『2人になるまでかな』と。ちょっとその会費には足りないけど、これを足しにさせてもらいますよ」

そんな話をされたこともありました。もしかしたら、他愛もない話をして笑い声をあげて、というところまで含めて、体力づくりの一環として考えておられるのかもしれません。せいぜい長く、ご利用いただきたいと願っております。

konoinfo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile