2015年06月28日

メモリー不足

夕方、中学生くらいの数人が連れ立って表を通り過ぎる時、「去年の今頃、大雨だったんだよね」と話す声が聞こえました。

そういえばそんなことがありました。あれは確かに今頃のこと。そう思って過去のブログを調べてみると、去年6月29日にその顛末をご報告しております。

今朝、散髪に行ったのですが、やはり去年の今時分、店近くの床屋さんで髪を刈ってもらいながら、大雨被害を話した記憶がありますから、自宅近くの床屋さんに行かなくなって、もう一年以上たつわけです。やはり便利さには代えがたい。

今日は幸い、去年のような大雨にならず、一日晴れたり曇ったりのお天気でしたが、少し離れたどこかでは強い雨があったようです。そうしてみると、不順は不順なりに、毎年繰り返しているわけですね。

店内の棚の入れ替えを、少しずつ進めています。長いこと積んだままにしてあったOxford古典叢書を、ようやく棚に並べました。それによってはみ出た本を、別の棚に。そしてその棚の本をまた別のところへ。そのついでに改めて見直し、選別していきます。

そんな作業をするのに、帳場の机では狭すぎて仕事になりません。折りたたみの机を開いて、そこで作業を進めました。

帳場の机は、もともと両袖の大きなものです。しかしその上に何やかや積まれているため、キーボードを置いて入力作業をする、最低限のスペースしか残されていないのです。

RIMG0252要するに、キャッシュメモリーが不足して、フリーズばかりしている、わが店のパソコンと同じ。はなはだ動きの悪い状態に立ち至っているわけで、折りたたみ机が増設メモリーのようなものでしょうか。

パソコンはいずれ買い替えるしかありませんが、机の上は片付けさえすれば、もっと作業が捗るはず。しかしそこにはより根本的な問題が控えていて、店の場合は、キャッシュだけでなくハードディスクの容量が一杯なのです。

ここは増設ではなく、何とか空き容量を増やす工夫をしなければなりません。

konoinfo at 20:29│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile