2016年02月29日

偶然の神保町

『古書月報』の座談会に、オブザーバーとして参加してもらえないかと声がかかり、お昼前に古書会館に出かけました。

東京組合に7つある支部、それぞれの「大先輩」からお話を聞こうという企画で、最終回が神田支部。店主が出る幕ではないのですが、人選段階から相談を受けていた手前、お断りもできません。聞き役に徹するつもりで出席しました。

「大先輩」としてご出席いただいたのは3名の方々。神保町の代表としては、余りにも少なすぎると思われるかもしれませんが、そもそも全体を語ることなど、限られた時間では不可能です。

実際に、お一人づつから簡単な略歴をうかがうだけで、あっという間に時間が経ちました。それぞれ、あまりにも興味深いので、つい質問などを挟んでしまうからです。

結局、対談というより、お三方へのインタビューという形になってしまったような気がします。まあ面白かったことは確かですが。

RIMG0773それより不思議だったのは、店を出るとき、手近にあった文庫を一冊持って出たのですが、行きがけの電車で読み始めると、神保町のことが書かれています。

川本三郎『東京つれづれ草』(ちくま文庫、2000年)の第1章「心地よく秘密めいた町」。その最初の項「古書街いまむかし」がそれで、文末に「図書」93年7月と、初出が記されていました。

その文中に著者の好きな神保町のエピソードとして、戦時中、召集されたある古書店員が、神保町の古書店の名をそらんじている上官と出会った話を紹介しています。藤井正『私の古本人生』(日本古書通信社、1993年)からの引用として。

座談会出席者にそのことをお話すると、現在制作中の神保町を巡る記録映画に、まさにそのエピソードが取り入れられている、という情報が返ってきました。完成は、予定が大幅に遅れて秋になるそうですが、ちょっと楽しみな気がします。

konoinfo at 19:32│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile