2016年04月30日

余計な手間

昨日、注文が入った本のうちの一冊は、その形状もはっきり記憶にある本でした。データベースを確認し、すぐ見つけられるだろうと、在庫場所に向かいました。

RIMG0988ところが案に相違して、なかなか見つかりません。どこか別の場所に移動させて、記録し忘れたのかと、可能性のありそうな棚を探しました。

そのうちふと思い当たることがあり、取り置き品の保管場所を見ると、やはりそこにありました。今月の初め、すでにお電話で注文があった本です。だから記憶に残っていたのでした。

その折、メールであらためてご発注くださるようお願いしたところ、すぐにお名前と、注文書籍名、校費で購入したい旨のメールが届きました。留学生の方のようですが、日本語に不自由はなさそうです。

しかしご住所も電話番号も書かれてありませんでしたので、校費の書式をお尋ねし、併せて送り先の連絡をいただけるよう、返信を出しました。

数日待ってもお答えがないので、もう一度、重ねてお尋ねのメールを出しました。そしてそのまま3週間以上が経ち、昨日、その同じ本に、別の方からご注文が入ったというわけです。

「日本の古本屋」から下げておくのを、うっかり忘れていたのは失敗でした。しかしこれだけ放置されていれば、本来、取り置きは無効です。それでも、一応お知らせだけはしておこうと、取り置き解消のメールを出しました。

すると今度は、その翌日、つまり今日、購入意思を示すメールが返ってきたのです。説明が不十分であったと詫びられながら、相変わらず、送り先も、書類宛名も記されていません。

後から注文いただいた方に、一応、ご説明はしてみますが、優先権は後の方にありますというメールを、再度お返しいたしました。

今度もすぐ、承知した旨のお返事が返ってきました。

konoinfo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile