2016年06月30日

読みたい本

時間があれば読んでみたいと思う本が、結構たくさんあります。それを全部しまい込んでいたのでは、商売になりませんから、値段をつけて店の棚に入れたり、「日本の古本屋」に出しておいたりします。

ある意味では、店にある本は多かれ少なかれ、そうだと言えないこともありません。ただいろいろと条件を要しますが。語学力があれば、とか、専門の知識があれば、とか。

だからこそ古本屋の棚には、独特の表情が生まれるのです。

今はそこまで話を広げず、本当に後で読みたいと思っていた本のこと。それが店頭で売れてしまったときは、否も応もありません。同じ嗜好を持つ方がおられたことを、慰めとするだけ。

ネットで注文が入ったときには、クレジットなら決済が、振込なら入金が確認できるまでの間、急いで目を走らせます。

もちろん、読むのをあきらめて、そのまま発送することもあります。その方が多いかもしれません。注文が入ってから読むのは、なんだかお客様に申し訳ない気もしますから。

しかし今日の本は、興味深い内容で、いつか読んでみようと思っておりました。さして高い値をつけておいたわけではありませんが、あまり注文も入らないだろうと、高をくくっておりました。

油断大敵、本日未明にネット注文。今朝店に来てすぐに在庫確認のお返事を出し、慌てて斜め読みを始めたところ、ほどなくクレジットの決済通知が入りました。

荷造りを午前中に済ませる必要がありますから、後ろ髪を引かれる思いで本を閉じ、発送の準備をいたしました。それでなくとも、午前中はなにかと片づけなければならない仕事があります。そもそも本など読んでいる暇はないのです。

RIMG1168そんな名残惜しかった一冊は、『黒潮のはてに子らありて : 青が島教師十年の記録』(高津勉 著、鏡浦書房、昭36)。昭和25年から10年間にわたって、青ヶ島で教師を務めた方の記録。

次に手に入ったら、今度こそゆっくり読んでみようと思います。

konoinfo at 20:31│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile