2016年10月24日

They died too young

lennon「豆本」と言っていいでしょうか。比べるものがないので、画像からは大きさが分かりませんが、高さは11cm、幅は8.5cm。写真図版も16点ほど入って94pという小さな本。

タイトル頁を開くとDisparus trop jeunes/ Tom Stockdale/ Le Mtyhe de/ John Lennon/ Traduction de/ Sandra Vailles/ Gremese.

タイトルからわかるように本文はフランス語ですが、英語からの翻訳書なのでした。

その裏側のページに書誌事項が記されており、原題はThey died too young: John Lennon。仏語版の版権年は1997年、原著は1995年。

そこで著者とタイトルから検索してみると、They died too youngシリーズとして数冊出版されていて、Karen Carpenter, Sid Vicious, Jimi Hendrix, Marvin Gaye, Buddy Holly, Marc Bolan などという名が見つかりました。

このメンバーからすると、レノンの40歳は、必ずしもtoo youngとは言えないかもしれません。しかし早すぎる死が惜しまれた点では、他の誰にも劣らなかったのですから、彼を外すわけには行かなかったのでしょう。

さて、この本の話がしたかったわけではありません。そのシリーズタイトルに、つい胸をつかれる思いがしたのです。

20日に訃報が伝えられた平尾誠二は、53歳であったと聞きます。夭逝という言葉には当てはまらないでしょうが、この died too young ならば、多くの人が感じ、また店主も感じた気持ちを言い表しているように思います。

その早すぎる死を惜しみながら、同時に別の寂しさを感じていました。それは、その気持ちを共有できたはずの何人かの友人が、すでに鬼籍に入っていることにあらためて思い至ったからです。

かれらもまた店主にとっては、too youngでした。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives