2016年11月10日

監督責任

夕方、携帯らしい番号の電話がかかってきました。

取ると「そちらは本屋さんですよね」「はい」「新刊屋さんですか」「古本屋です」「ちょっと見ていただきたいんですが、そちらで立ち読みしているか、さっきまでしていた人はいますか?」

「おりません」「真ん中に梯子のような模様があるバッグを背負った男の子ですが」「お幾つくらいですか?」「中2ですが、ちょっと子供っぽく見えるかもしれません」

行方を探しておられるのかと思いましたが、それにしては口調が詰問調です。「そちらの店を知らないんですが、広いんですか?店の中は混雑しているのですか?」「広くありません、お客様がいればすぐ分かります」

「そのあたりで本屋さんは他にありますか?」「ありません」「お宅は立ち読みなどを許しておられますか?」「長くなれば注意します」矢継ぎ早の質問攻めです。

「マンガは置いてますか」「置いておりません」「子どもが立ち読みしそうな本とかは?」なかなか引き下がりません。

そのうち事の次第が分かりました。お子さんの携帯GPSが20分ほど動かないので、立ち読みにちがいないと思い、本人に電話をしたら慌てて切ったそうです。そこで停滞地点界隈の本屋である小店に、電話をかけてこられたという次第。

RIMG1522ここまで聞いて不愉快が募り、つい失礼な電話だと申し上げると、親の監督責任であり、立ち読みを許さない教育方針なので、お店にご迷惑をかけないようにと思って電話しているのだとのご返答。

ともかく小店ではお見かけしていないと、いささか強い語調で電話を切りました。切ったあと、ふと気づいたことがあり、掛かってきた番号に掛け直しました。後味の悪い切り方だったこともありましたので。

「隣がコンビニですが、そちらに聞いてみたら…」言い終える暇もなく、「ああ、うちの子は近隣のコンビニはすべて出入り禁止で、お店に協力をお願いしています。いまビデオチェックをしてもらっているところです」

今度は友好的に電話を切りましたが、気分は晴れませんでした。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives