2016年11月17日

図書館に行きたい

昨日、ブログを書いていて、ちょっと気になりながらそのままアップしてしまいましたところ、早速、指摘がありました。

武蔵野の図書館はバーコードプラス磁気管理されておりますので、セキュリティがしっかりしています。書架までカバンは自由です。テーブルではノートを出して書き写すこともできます

教えてくれたのは知り合いの同業。店主に恥をかかさないようにとの気遣いか、こっそりメールでお知らせいただきました。

磁気テープやICタグなどによる「不正持ち出し防止システム」については、知らなかったわけではありません。しかしそこまでシステムを信頼した運用が行われているとは、想像しておりませんでした。いかに現今の図書館事情に疎いかということです。

かく申すほど、店主は長らく図書館を利用したことがありません。調べ物をするのに国会図書館まで行ったのは、もう10数年前のことになるでしょうか。

行った記憶だけははっきりしているのですが、何を調べに行ったのかは、すっかり失念しております。

それ以前には、ときおり近所の小さな図書館を利用したこともありました。しかし今ならそうした調べものは、ほとんどインターネットで間に合ったことでしょう。

RIMG1539現に最近では、大方の調べものは、インターネットで間に合わせています。古本屋に必要な情報などその程度だと言ってしまえばそれまでですが、本を商う身としては、いささか反省を要するところです。

いそいで付け加えますが、これは古本屋一般の話ではなく、あくまで小店主のこと。

こんなことを書いているうちに、なんだか図書館に行ってみたくなりました。開架式の棚を漫然と眺め、目についた本を手にして、しばらく読みふける。そんな時間を過ごしたくなってきました。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

平日午前10時〜午後7時、土日祝日は午前10時から午後6時まで、毎日営業いたしております
Profile

河野書店

Archives