2016年12月29日

「ゆうゆう」じゃない

玉川郵便局の「ゆうゆう窓口」が来年の2月5日から、午後9時で閉まることになるそうです。開くのは翌朝午前7時から。

これまでは24時間開いておりました。どこの「ゆうゆう窓口」も同じだと思っていたのですが、どうやら営業時間は、局によって違っていたようです。ですから今度の変更も、玉川局だけのことかもしれません。

良いことだと思います。いくらか不便になることは確かですが。

小店の場合は、毎日午後2時から3時の間くらいに、目黒郵便局から集荷に来ていただいています。その時間に遅れて入金があったり、決済されたりしたご注文品については、夜、我が家に近い玉川郵便局に寄って、出しておりました。

ところが実際は、夜の9時頃に局に持ち込んでも、翌日に出すのと変わりないことが分かってきました。それが分かってから、急いでその日のうちに出すことをやめました。

しかし気持ちの上では、午後3時過ぎに決済やら入金をいただいた本を、そのまま翌日の午後まで店に置いておくのは何やら気が引けます。なまじ開いている窓口があるから余計です。「ゆうゆう」という名は皮肉としか思えません。

RIMG1585今度から午後9時で閉まるといっても、その時間にはぎりぎり間に合うのですね。できれば午後8時に閉めてほしい。そうすれば、店主の心は安らかになります。

というのはもちろん冗談で、これが良いことだというのは、郵便局で働く方たちの様子を見ての感想です。皆さん、疲れ切っておられるのではないでしょうか。

そのかみの、お役所仕事に戻ってほしいとは思いませんが、現今は、仕事量に人員が追い付いていないという現場の不満も耳にします。

気安くなった集荷担当に、ある時、「郵便会社はブラック企業じゃないの」と水を向けてみました。帰ってきたのは「佐川さんほどじゃないですよ」。

それは一種の矜持なのでしょうか。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
Archives