2017年02月02日

新品未開封

店先にジャンクおもちゃを置くようになって、もう3年ほどたちます。若い古道具屋さんが、こまめに持ち込んでくださるのを、家人がこれまたせっせと店頭に並べています。

金額が金額ですから、あまり売り上げの足しにはなりません。それでも本だけなら見向きもせずに通り過ぎてしまうような人たちが、足を止め、珍しそうに覗きこんでいくだけでも、多少なりとも認知度の向上には寄与していると思っています。

もっとも表だけ見て、その奥が本屋だということに気付かないまま立ち去る人も、中にはおられるようですが。

そんなジャンクにも、売れ筋の定番というようなものがあります。プラレール、Nゲージ、ミニカーなどの乗り物系。怪獣やウルトラマンなどのソフビフィギュア。これらは、新入荷を待ち構えているお客様が、結構おいでになるようです。

こうしてみると、ほとんどが男子向け商品だということに気づきます。コレクションというのは男性の嗜好なのでしょうか。

時々入ってくる女子向け商品の中で、ほぼ唯一と言っていいくらい売れるのはペコちゃんグッズです。たまにしか入荷しませんが、入ればほとんど完売する勢い。お子様ではなく、大人がまとめて買っていかれることが多いようです。

pecoそんな中、今日、お子さま連れの若いお母さんが、店内に入ってこられて「表のペコちゃんは、新品未開封でしょうか」と、お尋ねになりました。

古本屋が扱う本に「新本」がないように、ジャンクおもちゃに「新品」というのは概念矛盾です。新品同様ということは言えるかもしれませんが、「未開封」となると保証できません。

そういえば、「この絵本は新本ですか」と尋ねられることが時々あります。こういうご質問は、いったいどんな答えを期待しておられるのでしょうか。

いろいろ説明するのも言い訳がましい気がしますから、「それが気になるなら、おやめになった方がいいですよ」と、ついお答えしてしまうのです。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile