2017年02月07日

TV観戦の記

昨日6日は、店主にとっての年中行事 Superbowl Monday でした。昨日のブログにそれをご報告できなかったのは、まだ結果を知らなかったからです。

キックオフが午前8時半ころ。前半が終わったところで10時を回っておりました。そのまま観ていれば、店に着くのは午後1時を回ることになります。

これが贔屓チームの試合であれば、年に一度のことですから、家人には大目に見てもらい、ゆっくり最後まで観戦したことでしょう。しかしPatriotsとFalcons、そのどちらにも特に思い入れはありません。

とはいえゲームが白熱した展開であれば、やはりそのまま見続けたことでしょう。前半を終わって21対3。この点差が、腰を上げさせた面は否めません。

ただしスコアほどFalconsが圧倒していたようには見ていませんでした。それでも、残りは夜帰ってからでいいと決断して、Half Time Show の前に家を出ました。

そうして夜、食事を済ませ、続きを観ました。結果的には奇跡の大逆転となったわけですが、この終盤でもPatriotsが圧倒していた感じは受けませんでした。

スコアを重ねているチームが相手を圧倒しているように見えないという、不思議な展開のゲームだったというのが店主の印象です。やはり贔屓チームでないと熱くなれないとういことでしょうか。

試合の分岐点は、Falconsディフェンスがホールディングを重ね、KIMG0097Patriotsに最初のタッチダウンを許したドライブにあったと店主は見ていますが、こういうのをMonday Morning Quarterbackと呼ぶのだと、解説者から教わりました。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
Archives