2017年02月08日

ブリタニカ

本を手に取って、目次を開いて見ると「ブリタニカ」と言う文字が目に入りました。興味を惹かれてその章に目を走らせました。

本は金素雲『恩讐三十年』(ダヴィッド社、1954年)。なぜそんな本を手にすることになったかは、また機会がありましたら。店主が関心を持ったのは、次のくだりです。

中野に蘇比亜書院という古本屋があって旧版のブリタニカが一揃い、金二十五円也で出ていた。先ず紙屑の値段である。如何に二十年前の旧版でも少し廉すぎた。

少し後に「背丈ほどもある」という表現も出てきます。一見、高価に見える百科事典が実は「紙屑並」であったということが、この話の眼目となるのですが、下手な要約をするより、詩人の文章でぜひお読みいただきたいと思います。ちょっといい話です。

店主にとっては、これがブリタニカの第何版かが、気になるところでした。昭和14年の話であることが、冒頭に述べられています。

この時点で旧版と言うと1911年に出された第11版。しかしこの版は店主の知る限り薄いIndia Paper本で、「背丈ほど」というのはやや大げさ。その前の第9版+第10版の35巻ではなかったかと、店主は考えます。

RIMG1711100年以上前に出たこの版が、いま良い状態で残っていれば、それなりのお値段になるでしょう。しかし20年、30年前の百科なら、いまも「紙屑並」であることに違いはありません。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile