2017年02月18日

「サミュエル・ジョンソン伝」

65173丁寧な口調のお電話でした。最近「日本の古本屋」にアップしたばかりの「サミュエル・ジョンソン伝」(みすず書房)全3巻について、「お店へ伺って状態を確認させていただきたいのですが」と。

2、3日うちにということで、お待ちしておりましたら今日の午後、お越しになりました。店主より上か下か、いずれにせよあまり違わない年恰好の男性です。

店の奥から出してきてお見せすると、1冊ずつ手にとってじっくりご覧になり、やがて「今回はご遠慮させていただきます」と言ってお戻しになりました。

時間がかかりすぎるので、少し嫌な予感はしていたのですが、まさかの結論です。「新刊並の本をお探しですか?」とお尋ねするのがやっと。「いえ、そういうわけでは」と言葉を濁してお帰りになりました。

65173bあとから改めて自分でも函から出して確認してみましたが、どこがお気に召さなかったのか、皆目見当がつきません。布装の表紙に斑点状の色褪せがありますが、これでしょうか?あるいは第3巻の小口に1粒、天に2粒、芥子粒大のシミ斑が見られますが、これでしょうか?

店主には抵抗がある表現ですが、殆んど「使用感のない」良い状態です。しかも発売時定価1冊8千円が3冊まとめて6千円。まずお買い上げいただけると思っておりましたので、いささか憮然、悄然。

しかし考えてみれば、お客様にとっても無駄足です。ここは冷静に、なぜ「ご遠慮」となったのかを、後学のためにもぜひお伺いしておくべきであったと、後になって反省いたしました。

konoinfo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile