2017年03月08日

とんびに油揚げ

RIMG1762昨日の洋書会のお話し。

月極め当番以外に、半年に1〜2回はスポットでお手伝いに出ることが定められています。昨日が店主にとってはその日に当たっていました。

そこで午前10時、会館に着いたのですが、朝のうち会場にあったのは、荷主さんがご自身で仕分けてこられた出品物ばかり。ただ並べただけで、すぐに仕事が終わりました。

他の当番会員と、コーヒーを飲みながら四方山話をしていると、やがてカーゴ2台ほどのお持ち込みです。実は先週の哲学関係の続きで、予告されていた出品。早速平台の上に降ろして広げ、仕分けに取り掛かりました。

先週落札した中に、Bergson の Ecrits et Paroles が1冊だけあったのですが、これは2冊本。そこでその片割れがないかと、まずはざっと全体に目を通したのですが、ついに見つけられませんでした。

気を取り直して仕分けです。前回は大山を買い込んで、売りものになりそうな本だけ選りだし、残りをツブすという作業をしたため、すっかり疲れてしまいました。今回は仕分け担当ですから、初めから好みの本だけを選り分けておくことができます。

ひそかに20冊ほどの口を作り、封筒をつけ、札を入れ、わがものにしたような気でおりました。

開札前の時間、しばらく席を外していたのが失敗だったでしょうか。いざ開札が始まると、いつの間にやら札を入れていた若い同業に、さらわれてしまうという結果に。

仕分けは荷主さんのために行うもの。そう考えて納得することにいたしました。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
Archives