2017年04月05日

国際郵便の悩み

韓国の方から、本のご注文をいただきました。書籍代金は1200円、重量は通常の梱包で約500g。

日本郵便のHPで調べると、EMSなら1400円、航空便の書留付で1160円と出ました。その旨をお知らせして、決済をお待ちしているところです。

それにしても高い、と、送る側としても思います。せめてSAL便でもあれば、もう少し安くなるはずですが、なぜか韓国はSAL便を扱っていません。

船便なら安いのは確かですが、書留を付けることができませんから、よほど先様からのご要望がない限り、お受けしておりません。

KIMG0200以前、ドイツにお住いの日本人の方から、万一なにかの事故で届かなければあきらめるから、船便で送るようにとご指定を受けたことがあります。

この方は、数多くの本をそうして送ってもらっているらしく、過去にほとんど事故がないとも言われておりました。しかし同じような言質を下さいと、こちらから申し上げるわけには参りません。

はたしてすんなりご決済いただけるだろうかと、いささか案じながら、日本郵便のサイトをブラウズしていて、「国際eパケット」なるものを発見しました。

うたい文句は「EMSより安く、SALより早い」。実際に価格を調べてみると、航空書留よりわずかばかり安い程度。それでも気は心。こちらをご提案してみようと、そのための必要条件である「国際郵便マイページ」に、まずは登録をしてみたところです。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile