2017年04月07日

ある訃から

KIMG0215一昨夜でしたか、ニュース番組で、大岡信さんの死去を知らされました。

明けた昨日の朝刊では、朝日新聞ということもあり、その事績などが大きく取り上げられていましたが、店主としては、おなじ紙面の下段に小さく出ていた、加川良さんの死亡記事のほうに、より胸を衝かれました。

大岡さんのように長く活躍された方と違い、その名は限られた時代の、限られた年代にしか記憶されていないかもしれません。

だからこそ、ある時代の記憶と分かちがたく結びついていて、それを呼び覚まされることになったのだと思います。

店主が大学に入学した1960年代後半は、いわゆる関西フォークの全盛期でした。一度どこかのホールへ、数多くのバンドやソロプレイヤーが、延々と演奏を続ける催しを見に行ったことがあります。

そんなことを忽然と思い出したのでした。それがどこだったか、また一緒に行った仲間がいたはずですが、それが誰々だったか、そうしたことはすべて忘却の彼方です。

誰に聞けばそれを確かめられるだろうかと、思いを巡らせてみると、すでにその機会が失われた友が幾人かいることに、あらためて気づきました。

それは確かに気落ちする事実ですが、おかげで今度は、その友たちのことを、しみじみ思い起こすきっかけともなったのです。

konoinfo at 23:12│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile