2017年04月09日

決め手は画像?

RIMG1813注文品の荷造りをしていた家人が「あ、この本読みたい」と、声を上げました。

ただ口にしただけでなく、本当に読みたいようで、手に入れて欲しいと言います。版元切れらしいのですが、珍しい本でもありませんから、ネットで検索して、注文しようということになりました。

Amazonで検索すると、小店の売値と同額が最安値。念のため「日本の古本屋」を検索してみました。こちらを後回しにしたのは、そもそもこの注文品が「日本の古本屋」に出品したものだったからです。

うちより安い本が出ているとは、あまり考えられません。となると自分の店の本を安く売っておいて、それより高い本を買って読むという、なんだか間尺に合わない話になります。

しかし同額だからといって、Amazonから買うのも面白くない。少し高いくらいなら「日本の古本屋」で買おうと思い直し、検索をかけてみたのでした。

すると意外なことに、僅かながら小店より安い価格の本が出品されています。カバーに多少のスレがあると注意書きされていましたが、もとより読めれば良いのですから、状態は気にしません。早速注文を入れました。

注文した後で、小店にご注文下さったお客様は、なぜ最安値をお選びにならなかったのだろうと、家人と二人して頭をひねりました。

状態に、さほど差があるようには思われません。さらに小店と同額の出品も数店あります。違いと言えば、画像を上げていたことくらい。ビジュアルの力なのでしょうか。

konoinfo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile