2017年04月10日

『はるよこい』

小店、絵本にも力を入れております。

といってもヴィンテージものなどではなく、普通にお子さんに読ませるための絵本。あえていえば、お母さんが読み聞かせたいと思うような絵本。

もっぱら家人が仕入れ、値付けを担当しておりますが、最近は良い仕入れの口が少なく、ストックをひっぱり出して棚に入れ、あるいはネットに上げたりしているようです。

ネットに上げるのは、品切れなどにより、定価あるいはそれ以上で販売できるものに絞っていますが、今日、お電話でご注文を受けたのもそんな一冊でした。

「スマホで見たのですが、操作が苦手なので」と、まだ若い女性の声。在庫を確認してから掛け直し、送料と送金口座をお知らせして、送り先住所をうかがいました。

お互いの復唱、確認が終わったあと、「少し話を聞いていただいていいですか」とお客様。

29547実は娘が2歳になった頃、この絵本を図書館で借りて読み聞かせると、すっかり気に入ってしまい、返却すると泣いてせがみます。結局長期間、借り出しました。他の本も与えたりして4歳になった今でも『やっぱりおひなさまがいいね』と言います。それで福音館に問い合わせたら、品切れで在庫がないというお返事でした。どうしたものかと思っていたら、知り合いがネットで調べてみたらと教えてくれて、スマホからこちらを見つけたのです。こんなうれしいことはありません

同じ本を、しばらく前に売った記憶があったので、在庫の消し忘れではないかと危ぶんだのですが、別本が残っていて、店主としてもホッといたしました。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
Archives