2017年04月11日

多少の獲物

今日の洋書会は久しぶりに大量の出品。すべての平台が出品物で埋まりました。

しかもそのほとんどが要仕分け。会に仕分けを依頼された口です。正午過ぎまで、目一杯作業をいたしました。

とくに店主も担当した関西からの2tトラック1台は、例によって何件かの仕入れを、まとめて出品されたもの。ほとんどは学術書ですがそのジャンルが多様ですから、まずそれらを分けるのに一仕事。

今回目立ったのはアラビア語を含むイスラム関係の口、認知言語学関係の口などでした。

大まかにジャンル分けしてから、目ぼしい本を抜き出していきます。1冊、1組でも充分札が入るものもあれば、ある程度まとめなければ入らないものもある。さらには、数量で勝負するしかないものもあります。

それらを、できるだけ札が競合するようにまとめ、封筒を付けていくのです。

自分で仕分けしたものは、出来る限り札を入れるようにしています。責任上ということもありますが、そもそも自分でも欲しいものである場合が多いからです。

今日もそうして何点かに札を入れました。もちろん他の会員が仕分けしたものにも。

欲しかった何点かは落札できませんでした。逃したとたんに、大きな魚だったような気がしてくるのが不思議です。
RIMG1820
しかし自分で仕分けたうちの、3点は手に入れることが出来ました。明日、ルート便で荷が届いたら、じっくり戦果を確かめてみようと思います。

konoinfo at 19:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile