2017年05月12日

高価なチラシ

一週お休みがあって、今日が5月最初の明治古典会。

汗ばむような日差しの中、古書会館に着き、4階の会場に入ると、新刊かと見紛うばかりの本が大量に出品されておりました。

「幻想文学・美術関係カーゴ8台!」とメールで知らされていた口です。幻想文学というのとは、少し違うような気もしましたが、いわゆる売れ筋ぞろいではあります。

RIMG1929店主も何点か入札を試みましたが、とても歯が立ちません。ようやくのことにマリオ・プラーツの翻訳書4冊を落札できましたが、売値を計算すると、全部売れてようやく多少の利益が出るくらい。

つまりほかの商品も、それくらいまで入れなければ落ちないということで、荷主さんもさぞや満足される結果となったことでしょう。

市場に出さず自分で売れば、一点ごとの利益は確かにもっと大きいかもしれません。しかしそれに要する経費と時間を考えれば、一日で利益を確定させてしまうほうが、はるかに効率が良い。

それが市場の利点です。今回のような量なら、なおさらのこと。

今日はその白っぽい口に目を奪われて、ほかのもっと明古らしい黒っぽい本に、なかなか目が向きませんでした。

その中で唯一気になったのは、最終台にあったバウハウス関連資料。Max Billのハガキと、dada dessau 1926 などの文字がデザインされた墨刷りのチラシ各1枚。

店主の想像をはるかに超えた価格で落札されましたが、後で聞くと、これもカーゴ8台の中から見つかったものだったとか。どんな方の蔵書だったのでしょうか。

konoinfo at 22:14│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile