2017年05月13日

五反田経由神保町

第二土曜日で南部地区入札会。雨の中を五反田の南部古書会館に向かいました。

会場はここ1、2か月と比べて出品量が多く、久々の迷路状態。店主がひたすら探して回ったのは、店の表に並べるための適当な文庫本の口です。

他の本を見ている暇はありません。何しろ今日は洋書会大市の準備のため、午前10時、古書会館に集合することになっています。しかし店開けその他、所用を足して五反田に着いた時点で、すでに定刻まで10分。

RIMG1924間に合わないことは明らか。多少遅れることは、前もってお断りはしてありましたが、少しでも早く駆け付けたい。そこで、ともかく文庫本に絞って見て回ったのでした。

どうにか使えそうな口はようやく2点。両方に札を入れてから、急いで古書会館に向かい、仲間に合流。40分の遅れでありました。

それから午後4時半の作業終了まで、遅れを少しでもカバーしようと、頑張って仕分け。そう、昨年逝去されたある同業が遺した、カーゴ8台の洋書。それが大市に出品されることになり、その仕分けが今日の主な仕事だったのです。

必ずしも専門的に集められたものではなく、かなり雑多な本。状態も決して良いとは言えないものが多く、楽な仕分けではありませんでしたが、どうにか形が付きました。

さて五反田の入札。夕方調べると、1点だけ落札。明日、引き取りに行かねばなりません。

konoinfo at 21:29│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile