2017年06月18日

極私的記憶

『ぶらタモリ』で二週続けて名古屋が取り上げられ、特に二週目の昨日は「熱田」編。夕食時の放送は録画しておいて、末娘が帰るのを待って夜10時過ぎ、家族そろって画面に見入りました。

店主にとっては生まれ育った土地。子たちにしても毎年、盆や正月の帰省につき合わされ、今でも年に一度は訪ねている馴染みのある場所です。

どこをどう映されるのだろうかと楽しみに見ておりましたが、熱田神宮界隈、その南門から旧東海道へ出て「宮の渡し」跡へ至るあたり、どれひとつとして思い出のない道はありません。もちろんその光景は、すっかり様変わりしていますが。

そのうち案内者が、古い地形を説明するのに「このあたりは昔、浜だったんです」。何気なく発せられたその言葉に、思わず懐かしさがこみあげてきました。

というのも子供時分、生家の前の細い路地の一方をカミ、もう一方をハマと呼んでいたからです。

カミは神宮の方角。ハマは路地が開けてすぐ前に堀川。その堀川の先は、そう遠くない昔まで海であったと、祖母から聞かされて育ちました。

「秋葉神社」も櫛の目状の路地に一社ずつあって、「あきわさん」と呼びならわし、冬には「どんど焼き」で芋を焼いたものでした。

KIMG0043そんな幼少時の思い出に浸りながら、しかし一緒に視ている家族たちとは、それらの記憶を共有していないのだという当たり前の事実に、今さらのように気づかされてもいたのでした。

konoinfo at 18:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile