2017年07月09日

大入札会

午後9時を潮時に、打ち上げの会場からそっと抜け出して家路に着きました。

KIMG0058今朝家を出たのは午前7時前。一度店に寄り、所用を片付けて会館へ。それから夜まで、長い1日でした。それ以上に長い1週間だったと言えます。

それでも店主などは楽をさせてもらったほうで、運営部のほかのメンバーや、経営員の皆さんは本当に大変だったと思います。ですから今夜の打ち上げが普段以上に盛り上がり、弾けていたのも、無理からぬことでした。

しかし店主としては、椅子に座っていても腰がそろそろ限界。同年の仲間と二人して、目立たぬように席を立ったのです。座を白けさせないようにという配慮のつもりでしたが、そんな心配などまるでなさそうではありました。

ともあれこうして今年の七夕大入札会も終わりました。明日一日、会場の片づけなどの残務がありますが店主は兵役免除。溜まった店の雑務を片付けることができます。

それにしても今年の大入札会は、何かと話題の多い市会でした。詳しい話は追々お伝えしようと思いますが、今回の七夕最終発声が漱石の子規宛書簡であったこと。そしてそれよりも高額な落札価が、共催したプレミアム特選市で出現したことを、まずはご報告しておきます。

すでにお知らせした、立原道造の二つの非売特装本詩集です。置き入札ではなく、オークション方式のフリに掛けられましたので、一騎打ちとなって競り上がるさまを、会場の業者一同、固唾をのんで見守ることになりました。

こうして祭りは幕を閉じたのでした。

konoinfo at 22:22│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile