2017年07月31日

目録ガンバレ

412頁、5510点。風船舎さんの第13号となる目録は、大変見ごたえのあるものに仕上がりました。

fusen風俗はともかく、芸能、音楽といったジャンルは、店主が駆け出しの頃、一時は専門にしようと目指した分野ですから、羨ましいような、妬ましいような気分にもさせられます。

しかし頁を繰って見ていくうちに、店主にはとても無理な仕事だったことを思い知らされました。

というのも、この5千点を超える商品の内、その多く(あるいは殆んど)は、市場で仕入れたものの筈だからです。いつどこの市で手に入れられたのか、驚くほかありません。

もちろん店主の行かないような市場にも出かけられるのでしょうが、要するに熱心さの相違です。同じ市場に参加していても、店主のように漫然と見ていては見逃すものを、じっくり見つけ出す。

風船舎さんをはじめ、活躍されている目録販売の書店主さんは、どうやら店主に欠けた資質ばかりで出来上がっているようです。

それはさておき、昨今、若い古本屋さんにも、いわゆるクロっぽいものに入札する人が増えてきました。ヤフオクの影響だと言われています。

ネット販売で一番商売になっているのがヤフオク、次がAmazon、日本の古本屋はその次だというのが、神奈川組合が組合員に行ったアンケートの回答結果だそうです。事情は東京組合でも似たようなものでしょう。

ヤフオクなら訳の分からないものを、訳の分からないまま出品しても良い値になることがある。そこで市場のクロっぽいものに目が向くのです。

そういう業者との競争で、ますます目録に向いた商品の入手が難しくなるかもしれません。負けずに頑張ってほしいと思います。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
Archives