2017年08月10日

水漏れ診断

ようやくのことで、エアコン修理の人が来てくれました。しかし案じたとおり、今日は何も解決しません。

おそらくは排水にかかわる部品に故障が起きている、という診断です。ただ、室外機を確認しないと、正確な判断ができないとのこと。

その室外機は建物の屋上にあるため、そこへは家主さん立会いで入れていただくしか方法がありません。

RIMG2127ところが肝心の家主さんが、どうやらお留守。そこで、とりあえず部品の手配だけしておくことになりました。

しかし問題は設置後15年以上経つエアコンの、部品が調達できるかどうかです。

「仮に部品がないとなると『交換』になりますが、その場合、室外機の場所が屋上だとすると、その設置にはクレーン車を使うことになります」

なんだか恐ろしい話になってきました。そんな費用をいったい誰が負担できるでしょうか。

とりあえずは天下の三菱(同社のエアコンです)が、部品をしっかり保存してくれていることに期待をかけるしかありません。

いよいよとなったら、家主さんと交渉ですか。

konoinfo at 19:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
Archives