2017年08月20日

羨望の健保組合

お鮨屋さんのカウンターに座って、握りをいただくなどという体験は、何年ぶりだったでしょうか。

そもそも外食の機会が限られるうえ、お酒を飲もうとするなら前もって計画を立て、車を家に置いて出なければなりません。せっかくお鮨をいただくなら、一杯やりたいですからね。

というわけで、鮨屋さんも久しぶりなら、カウンターで一杯も久しぶり。そんな久しぶりの外食を一昨日の金曜日、家族で揃っていたしました。

家族に8月生まれが二人いて、そのお誕生会という名目です。ただしスポンサーがその8月生まれの一人である上の娘、という妙な次第。

まあ目下のところ、我が家一番の稼ぎ手だからですが、さらに言えば今回訪れた鮨屋さんは、娘の加入する健康保険組合の福利厚生施設なのです。

KIMG0110組合加入者とその同伴者しか利用できないというこのお店、しかしなかなか予約の取れない、人気店だそうです。

確かに、おいしくいただきました。お好みではなくコースになっているのですが、その中でもひたすら握りが出てくるコースを選んでありました。

ヒラメから始まって、シマアジ、マグロ、中トロ、大トロ、そのあたりまでは覚えておりましたが、あとは順不同でカサゴ、コハダ、炙り鰹、クルマエビ、アオリイカ、バフンウニの軍艦巻き。

途中にホタテ磯辺焼き。アサリの味噌汁。握りの最後は焼きアナゴ。そして巻き物とタマゴ。まだ何か抜けているかもしれませんが、ともかくも堪能できました。

このお勘定が同伴者、つまり一般料金の場合でも、かなり良心的な設定。被保険者の場合は、さらにその6割程度という驚きの安さ。家人が羨むことしきりでしたが、もちろんまずは娘に感謝です。

konoinfo at 18:30│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile